色々試したけど、セフレの作り方は有料のセフレ募集サイトが最高

セフレの作り方を試してきたけど、結局、有料のセフレ募集サイトを使うのが一番いいね。
要は出会い系サイト。

なんで出会い系サイトかっていうと、簡単な話で、出会いを求めてる女子がたくさん登録してるから。

はじめからセフレ探し目的の女子もいるし、そうじゃない子もいるけど、
結局どっちもヤレちゃう。なんか寂しくて登録してるわけだから、セックスしやすいね。

じゃあ、なんで無料サイトじゃなくて有料サイトが良いかというと、
無料サイトには怪しい業者が紛れてることが多い。

他の出会い系サイトに誘導しようとする業者が、女子のフリをして混じっていたり、
恐喝とか美人局を企んでる危ない人達も紛れてる。

逆に有料のサイトは、そのへんのパトロールがしっかりしている。

例えばPCMAXは365日24時間有人監視をやってるね。
怪しい業者が登録できないように、電話番号登録や年齢確認を行ってる。

それをかい潜って業者が紛れ込んだとしても、
サイト内のパトロールですぐにつまみ出してくれるから安心。

ちなみに年齢確認ってめちゃくちゃ大事。
18歳未満は出会い系サイトが利用できないことになってるから、年齢確認してないサイトはヤバイ。

それに、出会ってセックスしちゃった子が18歳未満だったら完全アウトでしょ。
PCMAXならキッチリ年齢確認されてるから、そういう心配は無いよね。

PCMAXはセフレ募集してる男女なら皆が知ってる超有名サイト。
渋谷や池袋の街中には目立つビル看板広告や、宣伝トラックがよく走ってるね。

JJとかJELLYとかギャル系雑誌にもたくさん広告が掲載されていて、
女性読者の会員登録が集まってるね。

こういうリアルなところから女性会員を集めてるので、
サクラとかはいないです。

PCMAXをメインで使って、サブ的にハッピーメールやワクワクメールを使えば完璧。
やっぱり、日によってはPCMAXで出会いづらいこともあるからね。

現在、これが最強のセフレの作り方だね。

参考サイト: PCMAXを使ったセフレの作り方

若い男性の人達へ腕を磨いて下さい

綺麗な女性と言うのに残念ながら私は出会った事がないのです。皆さんはどうですか?ところが鼻筋がスッキリしていて二重まぶたで目の大きい人には何度か会った事があります。これはチャンスと思います。そのままダイレクトに声をかけます。

すみません学年何回生なんですかと話すと相手さんは初め黙っているとします。就職するんでしょ、きっと良い大学なんだろうなあと言ってやります。私関係ないです。と言ってきたとしましょう。それでは何処か留学していたの、と言うと、もういいですから、と言われたとします。

ここからです向こうに何とかして有り難うと言わせるまで頑張るんです。ここへ行きたいんですけど教えてくれませんかと聞くと、丁寧に話をすれば場合によっては教えてくれるんです。これで話の糸口が出来ましたのでどんどん話をして行きます。

女子大生でしょ、いいえ、社会人ですか、いいえ、となって服を脱がせるように1回毎に違うパターンで質問していくんです。主人がいるのでこれでとなると、ジ・エンドですがそうでない限り急に質問されて、人生の経験上そう言うように聞かれるのは初めてではないかと思うくらいに聞いて褒めましょう。

そして楽しく行こうよ。初めて会ったんだけど、などといって見ましょう。ここで注意するのは結婚の言葉は私はまだタブーだと思っています。変に受取られたりするので注意して下さい。すると相手の人は少し変わってくるかもしれません。それで立ち話もなんだからお茶にしようよ、とやるのです。

これが練習です。一人駄目なら又違う人、と言った形で腕を磨きましょう。実践で鍛えれば本や他人の情報などではなく力がつきます。行こうと言ってついてくるというのは恐らく大丈夫でしょう。そして何日かしてから何気なくプレゼントを渡すのです。サプライズの状態にして相手の反応を見る訳です。

さて喜んで受取ったらどうしますか。そこは何も言わず喫茶店通いを続けて1ヶ月2ヶ月くらいは話をしてもいいんじゃあないでしょうか。それからはお友達にするのかセフレにするのか結婚相手にするのか考えていいと思います。

以下、とある男性サラリーマンの話。

私は会社員なのですが、まあまあのポストについています。
仕事には妥協ですに頑張っていました。
そんな時ですが、県外から女性社員が移動してきました。
どうやら県外でも結構やり手ということで移動になったみたいだったので、期待の社員でした。
早速部署のみんなの前で挨拶をしてもらいました。
堂々した態度に先輩社員たちも自分達も頑張らなくてはという雰囲気になりました。
私はいいことだと思って、早速仕事に入りました。
彼女は思っていた以上に優秀な人材で、仕事で結果を出していました。

そんな時、1本の電話がなり、どうやらその女性社員あての電話だったので、彼女が電話にでました。
すると「申し訳ありません」という声が聞こえてきました。
電話が終わった後、彼女は席を立って事務所を出ていきました。
私は心配になったので、彼女の後を追っていきました。
すると、給湯室で座り込んで泣いている彼女がいました。
私はどうしたのと聞くと、彼女からクレームの電話がかかってきて、罵られたとの事でした。
私はまさかと思ったのですが、仕事が出来ていた彼女は実はクレームにかなり弱いことがわかりました。
彼女は今迄のような感じがなくなり、かなり顔色が悪くなっていました。
そして、また電話がかかってきました。
クレームの電話だとわかったので、私は自分に電話を回すように伝えて、そのクレームを処理しました。
そして、その日の会社帰りに、事務所を出ると、彼女が待っていました。

どうしたのと聞くと、クレームを処理していただいた事にお礼が言いたくて待っていましたと言われました。
私はばれないようにしていたのですが、社員から聞いたみたいでした。
彼女はお礼にと、夕食に誘ってくれました。
私はせっかくだからと一緒に店に行きました。
彼女はかなりお酒を飲んでいて、私にかっこいいとか好きになりましたなど言ってきて、抱きついてきました。
なんとお酒にも弱い子でした。
私は段々とその子を守ってあげたくなり、それから彼女を一段と気にするようになりました。
そして今度は私の方から食事に誘ってから、付き合った欲しいと伝えて、付き合い出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です